株式会社LIMITは機能している?岩田陽一は詐欺師なのか?

最近新たなネット副業として登場したトレジャーリサーチですが、自分も気になって調べているうちにいくつかの疑問点が見つかりました。

トレジャーリサーチに参加するにあたって、予めクリアになっていた方がいいと思うポイントとなるので、それらを簡単に紹介しつつ、株式会社LIMITと岩田陽一さんの信頼性について調査しました。

代表取締役は岩田陽一とは?

まず株式会社LIMITの代表者に関してです。代表取締役は岩田陽一氏という人物ですが、この岩田陽一氏はプロフィールをネット上に公開していません。トレジャーリサーチの販売責任者でもあるので、顔が見えていたほうが安心できることは間違いありません。

ただ、他のネット副業では顔が見えているものの、結局それが偽名であったり、適当なところから拾ってきた赤の他人のプロフィールであるケースも珍しくありません。生産者が分かる野菜のように顔が見えていればなんとなく安心してしまうのが心情ですが、顔を公開していたところでその人が岩田陽一氏と同一人物であることが証明できなければ何の意味もありません。

現在では、顔が見えている=安心、見えていない=怪しいという常識は疑ってかかる必要があります。トレジャーリサーチにおけるこの点の評価はいったん保留したいと思います。

株式会社LIMITは新設企業

次に株式会社LIMITについて見ていきたいと思います。

株式会社LIMITの設立は、令和に入ってからですので、非常に新しい会社ですが、内容から考えると良い会社なのではないかと感じでいます。

というのも、トレジャーリサーチに用意されたサポート体制や返金保証制度。

これらを考えると非常に資金力のある会社であることが推測できそうですね。

また会社について調べた時に法人番号が確認でき、しっかりと会社として機能しているように思います。

法人番号や登録内容に関しては下記リンクから確認できます。
https://www.houjin.info/detail/4040001109072/

トレジャーリサーチの住所から判明する事実

続いて事業所の住所を調べてみました。株式会社LIMITの住所となっている「東京都台東区元浅草1-6-12-508」を調べたところ、そこにある建物は「gogoオフィス」というビルで、それはレンタルオフィスであることも判明しました。「拠点がレンタルオフィス?」ということで、その点に不安を覚える人もいるかもしれません。

一般的にレンタルオフィスは、会議室などを共用とし、オフィスは独立してスペースが確保され、家具や物品など一通り揃っている施設のことを言います。住居で例えたらシェアハウスのイメージに近いかもしれません。

似たようなものにバーチャルオフィスがありますが、これには独立したスペースなどはなく、住所や電話番号などを借りられるといったサービスです。まさに仮想の会社を置くイメージです。バーチャルオフィスでは表面に出る情報だけで会社の実態が掴み難いことから、悪徳業者が利用するケースも多少なりともあるようです。金融機関によってはバーチャルオフィスが登記元の住所となっているだけで口座開設や融資などがNGになることもあると聞いたことがあります。

私の考えで恐縮ですが、バーチャルオフィスだと眉唾物と考えたほうがいいかもしれませんが、レンタルオフィスであればそこまで心配しなくていいのではないかと思います。少なくともその場に行けば、会社は存在しているわけですからね。

表面的な情報だけで決めつけないことが大事

株式会社LIMITが新しい会社、岩田陽一さんがプロフィール非公開、そしてトレジャーリサーチがネット副業ということで様々な評判が独り歩きするのは致し方ないことだと思います。

顔写真やレンタルオフィスの件は事実としてあることですが、それが一概に怪しい材料となるわけではないので、表面的な情報だけで短絡的に判断しないように十分お気をつけください。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ