トレジャーリサーチや情報商材で返金するなら訴訟よりも直接交渉!

トレジャーリサーチのように返金に応じてくれない時には?

最も稼げる副業として、今トレジャーリサーチが評判になっていることは既にご存知かと思います。稼げるというのは事実ですが、おそらくその評判を支えている最大の要因は返金保証制度でしょう。

トレジャーリサーチでは、もし稼げなかった場合にあっても、この制度によって返金されることが保証されています。

ですが、いうまでもなく他全ての副業、商材においてこのような制度があるわけではありません。中には極めて悪質ながらも返金には頑なに応じようとしないものもあるでしょう。

そのような状況に陥ってしまった場合はどうすればよいのでしょうか?

主に返金を求めるための手段は2つ、直接交渉と訴訟です。
この記事では直接交渉と訴訟それぞれを比較しながらメリットとデメリットについて見ていくことにしましょう。

訴訟ではなく基本は直接交渉!

まずは多くの人がとるであろう訴訟についてみていくことにしましょう。
訴訟に踏み切ることで得られる最大のメリットは弁護士が味方についてくれることでしょう。

自分一人の力だけでは、まともに取り合ってもらえなかったとしても、弁護士がつけば相手の態度は変わります。弁護士に間に入ってもらうことで、こちらの本気の姿勢が相手に伝わるためです。

デメリットは、とにかく費用が高くつくこと、そして長い時間がかかるということです。
弁護士を雇うのは向こうも同じであり、勝ちの保証がないというのも忘れてはいけません。決して訴訟によって全額返済が保証されるというわけではありません。

次に直接交渉についてです。

トレジャーリサーチのように返金に対応している商材で、そのための窓口がある場合、この直接交渉が最も賢い手段となります。直接交渉のコツは粘り強く食い下がること、決して折れないことです。直接交渉は自分の身一つあればできるため特に特筆すべきデメリットがありません。

例え、トレジャーリサーチのように窓口が設けられてなかったとしても、実はこの直接交渉が最良の選択肢といえるのです。

訴訟を起こすのは、その後でも遅くはないでしょう。

まずは直接交渉を!訴訟のリスクを考慮しよう!

トレジャーリサーチのような優良商材であろうとなかろうと、まずは直接交渉というのが基本になります。

訴訟には多くのリスクがあり、またそれを起こしたからと言って全額返済が保証されるというわけでは決してありません。

無駄に費用を失い、時間を失わないためにも、それが本当に最適な手段であるかどうか、よく考えてから訴訟という行為には踏み切ることをおすすめ致します。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ